健康

善玉菌・悪玉菌って何?

腸内には私たちの想像を超える総数100兆個もの細菌が常に住み着いています。
これらの細菌を腸内細菌と言います。

腸内は私たちが健康な時には酸性に調整されていて、
腸内細菌のバランスも非常に良い具合に保たれています。
腸内細菌には善玉菌と悪玉菌の2種類があることが分かっています。

http://xn--fkqz7hh16cemc8ty.com/zenndamakinnto.htmlにも
善玉菌と悪玉菌について詳しくかかれていますが、
善玉菌は腸内を酸性に保ち免疫力を保ってくれて悪玉菌を抑えつけています。
一方悪玉菌はというと腸内をアルカリ性にしようと働き、
抵抗力を弱めて発がん性物質やその他の有害物質を作り出します。

健康な状態の腸は善玉菌の働きによってうまい具合に悪玉菌を抑えて
酸性の状態が保たれますから問題ありませんが、
体調を崩したときなどに悪玉菌が優勢になってしまったときが問題です。

そうした腸内のバランスを整えてくれるカギとなるのが乳酸菌です。
乳酸菌に整腸作用があることは広く知られていますが、
それは善玉菌と悪玉菌のバランスを適切な状態に保つということを指します。

乳酸菌はヨーグルトやチーズなどに豊富に含まれていますが、
それらを食べたからといってその菌がそのまま全部腸内で働くというわけではありません。
それどころかほとんどの乳酸菌は胃酸などによって死んでしまいます。

そうした中腸にまで届いたわずかな乳酸菌は善玉菌と同じような働きをして悪玉菌の働きを抑えます。
また、死んでしまった乳酸菌は食物繊維のような働きをしてくれますので、悪玉菌の死骸を体外に排出してくれます。

また、ヨーグルトであれば乳糖という成分も含まれており、
それはビフィズス菌などの腸内細菌のエサとなって善玉菌を増やす手助けをしてくれます。
最近ではより腸内に届きやすい乳酸菌の商品も増えていますから、
そうしたものを取り入れればより腸内環境を良い状態に整えやすくなります。

乳酸菌のサプリなどもありますから、効率よく摂取することもできますね。
毎日の生活にこうした乳酸菌を含む食品を積極的に取り入れていくことで、腸内環境から健康が保たれます。
薄毛に悩まれている方は、毎日のシャンプーに育毛シャンプーhttp://xn--z-lfuqezb9d9bu607do38a.com/06.htmlを使ってみてはいかがでしょうか。
みなさんも乳酸菌で健康生活始めてみませんか。

Menu