健康

腸の老化を防ごう

腸内の環境は年齢によって変化していきます。
ですから、もちろんこの環境にも老化現象が起こります。

お腹の中にいる胎児の腸内などにはまだ全く細菌がいない状態ですが、生まれると共に細菌が増えていきます。
赤ちゃんの腸内はビフィズス菌約90%ほどと善玉菌が非常に多い状態になっています。
その後ビフィズス菌の割合はどんどん減少していって大人になると大体15%ほどになります。

そしてそこから年を取っていくと、それと共によりその割合が減少していってしまうのです。
こうして善玉菌の割合が減っていってしまう状態が腸の老化です。
腸が老化してしまうとどのような状態になるのかというと、一言で言えば不健康になっていきます。

最初は便秘がちといった症状だけかもしれませんが、
悪玉菌は発がん性物質を出したり他にも有害物質を出しています。
ですから、腸を老化するままに任せてしまうと、体はどんどん衰えて病気がちになっていってしまうのです。

こういった老化を進めないようにするためには、
腸内細菌のバランスが良い状態に保たれるような食生活を心がけたり、
規則正しい生活リズムで日々を過ごすことがとても大切です。
まず食生活という面でいえば、
善玉菌を増やしてくれたり善玉菌と同じような働きをしてくれる乳酸菌を多く含む食品を取り入れることです。

和食中心の食事であれば漬物を添えるですとか、洋食中心であればデザートにヨーグルトをつけるですとか、
そうしたプラスαで乳酸菌の摂取量を増やすことが可能です。
また、こうした乳酸菌は発酵食品に多く含まれているため、中にはそうした食品がニガテという方もいると思います。

そうした方におすすめなのが乳酸菌のサプリメントです。
サプリメントであれば少量で効率よく摂取することができますし、
発酵食品がニガテで毎日は食べられないという方でも取り入れやすいのではないでしょうか。

腸内の老化は直接自分自身の老化につながってくるものです。
健康な毎日を送るために腸を若く保っていられるよう心がけましょう。
健康な毎日や肌の若返りにはイソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.biz/iso3.htmlもおすすめです。

Menu