健康

体内のビタミン合成を活発にしよう

乳酸菌というと整腸作用などに注目が集まります。
そのためあまり知られていないのですが、実は様々なビタミンを作り出すという働きも持っているのです。

乳酸菌を含む食品に漬物や味噌・醤油などがあります。
漬物のビタミンをはかってみると、実は野菜のままの時よりもビタミンの分量が増えているんですね。
旨みがアップしておいしくなることは知っていましたが、
それだけではなく乳酸菌パワーでビタミンまで豊富になってしまうんです。

このビタミンを作り出すという乳酸菌の働き、実はこのように素材を加工する過程だけでなく、
私たちの腸内でも同じように発揮されているんです。
このとき腸内で作られるビタミンは、ビタミンB1・B6・B12・Kなどです。
どれもこれも必要なビタミンばかり。

ビタミンといえば美容にも欠かせない栄養成分なわけですが、これが腸内で作られているっていうことを考えると、
お腹の調子が悪いときになんとなく肌の調子も悪くなるとか、その理由が分かる気がします。
このビタミンを作り出すという作用ですが、乳酸菌の主要な働きとはいえませんが、しかしとても重要なものです。

ビタミンというのは絶対に必要だけど人が体内で生成することができない栄養成分のことを言います。
ですから、ビタミン類は必ず食べ物から摂取するようにしないといけないわけです。
そんな中、乳酸菌を摂取すると腸内でもビタミンを作ってくれるというのは、非常に心強い見方と言えるでしょう。

また、こうした乳酸菌を増やすためには、ビタミンCが有効と言われています。
ビタミンCは腸内に届けられると乳酸菌のエサになる栄養です。
乳酸菌がより元気に働き、増え続けるためには必ず必要な成分でしょう。

同様にオリゴ糖も乳酸菌のエサになることが知られていますから、こちらもあわせて上手に取り入れたいところです。
乳酸菌を積極的に取り入れることはもちろんのこと、腸内でより活発にビタミンの生成をしてもらうためにも、
乳酸菌のエサになるビタミンCやオリゴ糖も取り入れていきましょう。
元気には、若者からお年寄りまで幅広く使っていただけるセサミンhttp://xn--vckl3i8c.name/rank.htmlもあります。

Menu