健康

免疫力を高めよう

乳酸菌は腸内で様々な働きをしていることが知られていますが、
免疫を高める働きをしているということも知られています。

免疫というのは病原菌などから体を守る機能ですが、これが低下していると風邪をひきやすくなってしまったり、
普段であれば問題の無い病原菌に感染して病気になってしまったりします。
実は腸というのは全身の免疫機能をコントロールする役割を担っているのです。

ですから、腸内環境が悪く不健康な状態になってしまうと、腸内だけではなく体中の免疫機能が低下してしまいます。
逆に健康で健やかな腸の状態を維持できれば、免疫機能もきちんと働いてくれるというわけです。

そんな腸において乳酸菌は大いに役立つ働き者です。
まず善玉菌と同じような働きをして悪玉菌の働きを抑えこみます。
こうすることで腸内のバランスが善玉菌優勢の健康な状態になるようにしてくれるのです。

悪玉菌が有害物質を生成するのも防ぐ働きをしますから、
それらが腸壁から吸収されて全身に悪影響を及ぼすことも避けられます。
風邪をひきやすい方や、同じものを家族で食べたのに一人だけ食中毒になってしまった方などは、
免疫力が非常に低下している状態にあると言えます。

こういう状態の時によく言われるのは「ゆっくり休みましょう」ということです。
もちろん休養というのも病気を治すためには重要なことではありますが、同時に免疫をつけていかなければ、
またすぐに同じように風邪をひいたりしてしまいます。

そこでおすすめなのが、乳酸菌を取り入れるということです。
冒頭でお話しした通り、全身の免疫をコントロールしているのは腸ですから、
免疫を高めたいと思ったときにまずすべきなのは腸を整えるということなわけです。
そしてそのために有効なのが乳酸菌です。

乳酸菌を取り入れるのに一番手軽なのはヨーグルトやチーズを食べることです。
ヨーグルトの場合には「プロバイオティクス」と書かれたものを選ぶとより効果的と言われています。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌にも細かく分けるといくつかの種類がありますが、大きくまとめると動物性乳酸菌と呼ばれています。
また、和食であれば漬物や味噌・醤油などにも豊富に含まれていますから、
上手に食事の中に取り入れていきましょう。
味噌や醤油などの大豆の発酵食品に含まれているのは植物性乳酸菌でこちらの方が生きたまま腸に届きやすいといわれています。
疲れていても免疫力がさがってしまうので、ローヤルゼリーで疲労回復して、高い免疫力を維持しましょう。
ローヤルゼリー種類の種類についてはこちらhttp://xn--vckn1b7c7bo7bces8e1ee8302juqzc.com/donnnasyurui.html

Menu