健康

乳酸菌で発がん性物質を防ごう

乳酸菌を日頃から取り入れることは、実はがんの予防にもおおいに役立つということが分かっています。
がんというと日本人の死因の上位に常にあがってくる病気で、
いまや誰もがかかる可能性のある病気ともいえるでしょう。

ではなぜがんになってしまうのかというと、それは発がん性物質が体内でそのままどんどん増えていってしまうからです。
発がん性物質の発生する原因は様々ありますが、そのうちの一つの要因に肉などが中心の脂っこい食事があります。

こうした脂っこい食事を消化していく過程で悪玉菌にタンパク質を分解されてしまうと、そこで発がん性物質が発生します。
ここでこの発がん性物質がそのままになってしまうと、段々とそれは体内でがんを引き起こしていく、というわけです。

となると、肉などを食べない食生活にしなければいけないのか?というと、必ずしもそういうわけではありません。
あまりにもバランスの悪い食事はもちろん改めるべきですが、
お肉中心の洋食も程ほどに食べる分には全く構わないのです。

ここでポイントになるのは、冒頭にもあげましたが、乳酸菌をしっかりととるということです。
乳酸菌は腸内で発生した発がん性物質を体外へ排出する働きをしてくれます。
そして発がん性物質を作り出す原因となる悪玉菌を抑える役目もしているんです。
そして腸内細菌のバランスが整った状態になると免疫力も高まりますから、そのこともがん予防に役立ちます。

こうした働きがあるために、乳酸菌をしっかりと摂取しておくことで、
ちょっとお肉を食べすぎたとしても大丈夫な腸内環境を作ることができるんですね。
まずは何よりもバランスの良い食事や、昔ながらの和食を食べることを心がけることが一番大切ですが、
そこにプラスして乳酸菌の力を積極的に取り入れることががんのリスクを減らすことにつながっていきます。

がんはとても恐い病気として認識されていますが、このようにがん予防のための方策も出てきています。
他にも、がん予防にはイソフラボンも効果的と言われています。
早い段階で生活の中に取り入れて効果的に予防していきましょう。 乳酸菌が花粉症を防ぐ効果もあるそうなので、多様に活躍してくれます。

Menu