健康

善玉菌の働きを活発にしよう

腸内には約100兆個もの細菌が住んでいて、それは善玉菌と悪玉菌の2種類に大別することができます。
健康な状態であれば善玉菌の方が優勢になっているのですが、
便秘がちになってしまったり体調を崩している時などは悪玉菌の割合が増加してしまっています。

つまり、健康な生活のためには善玉菌がより良く働いてくれるという状態が必須というわけです。
そんな善玉菌が活発に働く状態を作るための第一の方法は、
乳酸菌を日頃の食事からしっかりと取るということです。

乳酸菌は腸内にまでたどりつくと、そこで善玉菌と同様の働きをします。
つまり、悪玉菌が活発になるのを抑えてくれるのです。
ですから、乳酸菌を含む食品を毎日食べることで
善玉菌を手助けして腸内環境を整えることがきるというわけです。

ただし、乳酸菌は胃酸などの影響でそのほとんどが腸内にたどり着く前に死んでしまいます。
そこで大切なのは、プロバイオティクスという表示のあるヨーグルトを選ぶことです。
このように体外から乳酸菌を摂取して善玉菌の働きを補助しようというやり方をプロバイオティクスと呼ぶのですが、
パッケージにこれが表記されているヨーグルトに関しては、腸内に乳酸菌を有効に届けてくれると言われています。

また、善玉菌を活発にする方法にはもう一種類あります。
それはプレバイオティクスという方法です。
プレバイオティクスは、もともと自分の腸内にいる善玉菌を活発にして増やしていこうという考え方です。

そのために必要なものは善玉菌のエサとなる物質で、その代表的なものがオリゴ糖です。
オリゴ糖はとり過ぎるとお腹がゆるくなる方もいるのですが、
それは善玉菌のエサになるという働きによるものなのです。

腸内の善玉菌を活発にする方法はこの2種類です。
どちらか一方を選ぶというよりは、2つを合わせて活用するのがより効果的でしょう。
ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べるという単純で簡単な方法ですぐに生活に取り入れることもできます。
プロバイオティクスとプレバイオティクスで健やかな腸を目指しましょう。
腸が健康になったら、身体も健康にしたいですよね。
生活習慣病予防や疲労回復にも効果的なコエンゼイムQ10をお試しください。

Menu