健康

乳酸菌で腸内の腐敗を防ごう

腸内の腐敗を防ぐことが不老長寿につながるということは、疫学調査でも明らかになっている事実です。
腸内で腐敗が起こるの?と不思議に思う方も多いと思います。
まさかお腹の中に腐ったものが入っているなんて、そんなこと考えたくないですよね。

でも、腸内細菌のバランスが崩れた状態になってしまうとその考えたくないことが現実に起こってしまうんです。
腸内細菌は健康な状態ですと善玉菌が優勢で悪玉菌は抑えつけられた状態になります。
ですから、便通も良く不要なカスは大便としてスムーズに排泄されます。
その状態が保たれていれば、健康に問題はありません。

問題は悪玉菌が優勢になってしまった場合です。
この場合、まず排泄がスムーズにいかなくなりますから、便秘になったり下痢になったりしてしまいます。
そして悪玉菌がタンパク質などを分解してしまうので、
そこでアンモニアやアミン・インドールなどの有害な物質が作り出されてしまうのです。

これが腸内の腐敗という状態です。
一番分かりやすい目安としては、おならのニオイがあります。
おならのニオイが極度に気になる、急に臭くなったというような場合には、
腸内の状態が良くないことになっているというのが分かります。

そして腸内で発生した有害物質は、腸壁から吸収されて全身へと送られてしまうので、
不健康への悪循環が始まってしまうというわけです。

ではこの悪循環を止める・もしくは起こさないためにはどうしたら良いのかというと、
これにはやはり乳酸菌が有効ということが分かっています。
乳酸菌は悪玉菌を抑える働きをしてくれますから、善玉菌優勢の腸内環境を作りやすくする手助けになります。
結果、腸内が腐敗するのを防いでくれるのです。

もちろん乳酸菌をとるだけでなく、タンパク質を食べすぎないことや野菜をきちんと食べることなど、
食生活の問題を根本的なところから解消していくことも必要です。
そのうえで、トクホのヨーグルトを取り入れるですとか、乳酸菌のサプリメントを活用するですとか、
そういった工夫をしていくと良いでしょう。
糖尿病でお悩みの方は、一度コエンザイムQ10http://xn--q10-qi4bta9dwa15axf5722alchyx2i.com/s06.htmlをお試しください。

Menu