健康

病原菌から身体を守ろう

腸内の健康は体全体の免疫機能と密接に関連しているということを知っていましたか?

腸内には体に良い影響を与える善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌とが存在していて、
日々その勢力争いをしている状態です。
普段健康な時の腸内は善玉菌が優勢なのですが、
なんらかの影響によって善玉菌が少なく悪玉菌が優勢になってしまうと、
私たちは体調不良の状態に陥ってしまいます。

最初は「便秘がちだなぁ」という程度のことかもしれませんが、
そうして腸内環境が悪い状態のままになってしまうと、次第に全身の免疫が低下していき、
風邪をひきやすくなったり健康な時には問題にならないような病原菌が
原因で病気になってしまったりするのです。

ですから、近頃風邪をひきやすいな、などと感じている方がいるようでしたら、
まずは腸内環境から整えるということをおすすめします。
腸内環境を正常な状態に整えるために最も手軽にできることは、乳酸菌を含む食品を食べるということです。

乳酸菌は腸内にまで届くと善玉菌と同じように悪玉菌の働きを抑える働きをしてくれるのです。
また、乳酸菌によって元気になった善玉菌はコレステロールの上昇を抑えるということも分かっていますから、
病原菌が原因の病気だけでなく、 生活習慣病といった病気の対策にも非常に効果的であることが分かっています。

乳酸菌を含む食品には、ヨーグルトやチーズ・ぬか漬けなどがありますが、
特に「プロバイオティクス」の表記のあるヨーグルトは腸内に乳酸菌を届けやすく効果的と言われています。
他にも乳酸菌のサプリメントなども販売されていますから、
自分のライフスタイルに合わせて適切に取り入れていきたいものです。

腸内環境を整えるというと、便秘解消やダイエットといった話題がメインになってきてしまいがちですが、
実はそれだけではなくてもっと根本的に健康に関わる大切なことなんですね。
乳酸菌を取り入れて善玉菌を活発にし、免疫力の向上につなげていきましょう。
また、いくら免疫力があっても、身体に元気がないと病気にかかりやすくなってしまいます。
そこでおすすめしたいのが、身体で必要なエネルギーを生み出す手助けをしてくれるコエンザイムQ10http://xn--q10-qi4bta9dwa15axf5722alchmzab00rjwyb.com/need.htmlです。

Menu