健康

乳酸菌で便秘解消しよう

乳酸菌は様々な方面から腸内の環境を正常に保つための働きをしてくれています。
まず代表的な働きが、善玉菌と同じように悪玉菌の働きを抑えるということです。

こうして善玉菌優勢の健康的な腸内環境を保つための手助けをしてくれます。
そして腸内の免疫力を高めてくれますし、それば全身の免疫力向上にもつながっていきます。
そしてそれだけでなく、乳酸菌は腸の運動自体も活発にしてくれるのです。

腸はぜん動運動といって、ミミズのような動きをして排泄物を体外に出そうとします。
この運動は自律神経によって輪状筋を動かして行われており、
私たちが腕や脚を動かすように意識的にコントロールするということはできません。
このぜん動運動ですが、やはり若い時には活発で、年齢と共に低下していくもののようです。
しかし、これが正常に行われないと排泄物が体外へ出て行きませんから、
腸内が腐敗していってしまいます。

そこで助けてくれるのが乳酸菌というわけです。
乳酸菌はブドウ糖や乳糖を分解すると乳酸や酢酸をたくさん作り出します。
そしてなんと、この乳酸や酢酸が腸のぜん動運動を助けるという役割を持っているのです。

乳酸菌に整腸作用があるというのは、善玉菌を助けてくれて腸内環境を整えてくれるということだけではなく、
乳酸菌が作り出す乳酸や酢酸の働きで腸の運動自体を活発化するということも含まれているんですね。
このように見ていくと、腸内を酸性に保つということは非常に重要なことと言えます。
この乳酸菌とオリゴ糖を組み合わせて摂ると、乳酸菌がオリゴ糖を食べて増殖するので腸内環境を整える効果が高くなるそうです。

腸内が酸性の状態に調整されていることで悪玉菌が活発になるのを抑えることができますし、
病原菌を死滅させたり、腸内の腐敗を防ぐということも期待できます。
そしてその酸性の刺激により腸のぜん動運動が活発になれば、
腸内の掃除が行き届くため常に良い状態が保たれるというわけです。

そのようなベストな状態を保つために欠かせないものが乳酸菌であり、
毎日の生活の中でしっかりと取り入れられるようにしていきたいものです。
乳酸菌と同じように腸内環境を整えるには食物繊維を豊富に含んでいる青汁http://www.cdnn.info/も良いといわれています。
また、若さを保ちたい方にはセサミンhttp://xn--vckl3i8c.ws/ranking.htmlがおすすめです。

Menu